季節を楽しむ屋形船

一度は乗りたい屋形船の魅力についてご紹介!

こちらのサイトでは、屋形船について紹介していきますが、実践的な情報を紹介していきますので、乗船することを考えている人には、きっとプラスになることでしょう。
例えば、屋形船を利用して宴会を開くという人もいるでしょうが、そういった人は船内で用意してもらえる料理の内容をチェックしておくと良いものです。
豪華な食材や自分の好きな料理が提供されるとわかれば、安心して利用することができ、良い船旅ができることでしょう。

屋形船選びのコツ!船で食べられる料理を確認しておこう!

屋形船選びのコツ!船で食べられる料理を確認しておこう! 屋形船というのは、船内から自然を眺めることができたり、高層ビル群を眺めることができるなど景色を眺めるといった楽しみ方もありますが、食を味わうといった楽しみもあります。
屋形船の船内で、より充実した時間を過ごすためには、どういった料理を出してもらえるのか確認しておくことが大切です。
実際に提供される料理として挙げられるのが刺身ですが、グレードアップさせられることがありますので覚えておくと良いでしょう。
グレードアップさせると、伊勢海老やアワビ、ウニといった高級食材を含めた豪華な舟盛りになりますので、注目しておきたいところです。
なお、屋形船で提供される料理というのは、昼と夜とで違うことがありますので、この点も確認しておくと良いでしょう。

屋形船はやっぱり海の幸が美味しい!

屋形船はやっぱり海の幸が美味しい! 屋形船に乗った時の楽しみといえば料理です。豪華な料理を味わいながら船旅は、きっと盛り上がることでしょう。
なお、屋形船で提供される料理で注目の物といえば、やはり海の幸でしょう。船の旅ということで、海の幸はイメージにピッタリで、この相性の良さが盛り上がりにつながると言えます。
ちなみに、具体的にどういった食材が提供されるかですが、定番なのが天ぷらです。海老やキス、イカ、穴子などの天ぷらが食べられます。
しかも、船内で揚げて、揚げたてを食べることができるため、非常に満足度の高いと言えるでしょう。
また、刺身も定番の料理です。舟盛りで提供されることがありますから、非常に見栄えするもので、トータルバランスも優れいていると言えます。和食の料理人が調理を行って提供している業者もありますので、質の高い物を味わうこともできます。
その他にも、ズワイガニや伊勢海老、ウニなどさまざま海の幸を食べることができます。
ちなみに、屋形船の業者というのはたくさんありますから、予約をとる時には迷ってしまうでしょうが、そういった時には料理メニューに注目して選んでみるのも1つの手です。
同じようなコースなら、食事がおいしい方がお得感があるでしょう。

風流な屋形船を利用するには料金はどのくらいかかる?

川や海に船を浮かべて観光を楽しんだり食事をしたりすることのできる屋形船を利用してみたいけれど、どのくらいの費用が掛かるか分からないため不安に思う人もいるのではないでしょうか。
屋形船の料金は船宿やコースによって異なるのが特徴です。
一般的に乗船時間が長い方が料金も高い傾向があり、短い方が安く利用できるようになっています。また屋形船は新年会や忘年会などの宴会をするために貸し切って乗船する方法もある一方で、多くの人たちが乗り合いで利用できるタイプのものもあります。
1隻丸ごと借りる方が、トータルの費用が多く必要となりますが、貸し切りではなく乗り合いの場合には比較的手の届きやすい値段となっていることも少なくありません。
さらに休日と平日、夜間と昼間などによっても価格はことなります。
この場合、平日の昼間の方が安いのが特徴で、例えば横浜港の乗り合いコースの屋形船の中には1人7千円台から利用できるものもありました。

屋形船はインターネットで探すのがおすすめ

長い日本の歴史に寄り添い、愛されてきた屋形船は現代でも人気の舟遊びです。各地でサービスが提供されていますが、利用したことがないとどこで行われているのか分からないことも多いのではないでしょうか。
そのようなときにはインターネットを活用して探すとすぐに見つけることができるのでおすすめです。
現代の屋形船は様々な船宿で提供されていますが、具体的な船のタイプはそれぞれによって異なることもあります。
大型のタイプは広い空間があり、ゆったりと乗船することが出来るのが魅力です。風流な障子の窓が付いていることも多く、窓越しに眺める風景が風流です。エアコンも付いているのが一般的なので、季節を問わずに快適に乗船することができます。
とはいえ屋形船の設備もやはりそれぞれによって異なることがあるので、こだわりたい部分がある場合にはインターネットで検索をして調べるか問い合わせをしてみることをお勧めします。
そうして屋形船を選べば快適に楽しめるものが見つかるはずです。

屋形船は換気能力に優れた乗り物でコロナ渦でも安全

コロナ渦の影響で、飲食業界の営業時間の短縮や外食することへの不安による利用率の低下などが行われていますが、歓迎会や送別会など特別のときにはお店を利用して新人の歓迎および定年退職や転勤などでの送別会を開催したいケースは少なくありません。
一般的には居酒屋などの場所を選択するケースは多いけれども、たまには雰囲気や趣向を変えて屋形船で宴会をしてみたい、このように考える幹事さんや関係者は多いのではないでしょうか。
しかし、屋形船は密室の空間になるのでコロナ渦の中では安全性に欠けてしまうのではないか、このように考えがちです。
屋形船は、船内は密室のようにはなっているけれども開放可能な窓が多数あるので換気能力がとても高い乗り物といえます。
この窓は船体の両側にあるので両側の窓をあければスピーディーに空気を入れ替えることができますし、窓は屋形船を利用しているお客さんが自らの意思で行えるので安心です。
さらに、船宿にもよりますが換気風量測定を行っているなど安全な状態で海上などでの宴会を楽しむことが可能です。

屋形船のアルバイトにおける仕事内容について

屋形船には、河口から上流に向かい再び元の場所に戻るコースや沖合まで移動して2時間程度の宴会を行うコースなどが一般的です。
水上から見る景色は陸地から見るものとは違ったものになるなど、食事やお酒などを楽しみながら宴会ができるのも屋形船の魅力です。
海上で2時間程度の停泊をするものなどの場合は、船内の調理場で天ぷらを揚げるなど熱々の状態の料理を提供できるようになっていますが、このような仕事はアルバイトでも行うことができます。
屋形船を運行している会社や船宿の多くが求人を募集している、自分にもできそうなので応募してみたいなど考える人も多いことでしょう。
屋形船のアルバイトのお仕事は、船の移動以外であれば様々な仕事に携わることができます。基本的には接客サービスが中心になりますので、お客さんが船に乗り込む際のアシストを行ったり宴会中の料理の提供や空いた食器類の片づけなどになります。
また、宴会のときなどは事前に飲み物や料理などを運ぶのも仕事の一つです。

屋形船はどのくらいの人数で利用することができる?

昔から日本で風流な遊びとして楽しまれていた屋形船は現代でも様々な人に利用されていますが、乗船したことがないと分からないことも多いと思われます。
例えばどのくらいの人数で利用できるのかといった疑問も持たれることが多いでしょう。
屋形船は様々な会社が提供していて、そのコースも色々なものがあります。最大の乗船人数もそれぞれの船やコースに因るのが一般的です。
大きく分けて屋形船は貸し切って利用するものと、乗り合いのものがあります。貸し切りの場合には25名以上などといった具合に、ある程度の団体で利用することになります。
一方乗り合いの場合には、2名から利用できるとされていることが多いようです。
貸し切りはイベントやパーティをするために適しているので、新年会や忘年会などにもおすすめです。
乗り合いの屋形船は観光の合間に利用したり、食事目的で気軽に利用できたりするのが魅力となっています。
個人で乗船したいのなら乗り合いが適しています。

屋形船関連のおすすめリンク

都内の見所スポットをご案内する屋形船のサイト

屋形船

新着情報

◎2022/3/1

情報を更新しました。
>風流な屋形船を利用するには料金はどのくらいかかる?
>屋形船はインターネットで探すのがおすすめ
>屋形船は換気能力に優れた乗り物でコロナ渦でも安全
>屋形船のアルバイトにおける仕事内容について
>屋形船はどのくらいの人数で利用することができる?

◎2018/5/1

雪国の屋形船文化はある?
の情報を更新しました。

◎2018/2/15

屋形船はどこで乗れるの?
の情報を更新しました。

◎2017/12/19

屋形船の上手な楽しみ方
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

船酔いしたときの対処法
の情報を更新しました。

◎2017/7/27

初めての屋形船!
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「屋形船 料理」
に関連するツイート
Twitter